みどり明るいオリーブの島小豆島 お遍路さんと歩きませんか 自然のなかを

三世の世界を体現

三世の世界を体現

私たちには 過去・現在・未来があります
この世に生かされて来ましたが 現在までどのように生きてきたのだろうか
来世はどのようなものだろうかと思う

心洗苑
ここ心洗苑は 心隆師が遍路修行 写経仏画の世界で感じたままを具現化して表したものです
その一つに「大師堂の杖」があります 昭和初期から小豆島霊場八十八ケ所巡拝に来られた団体お遍路様はお大師様と同行二人 白装束に菅笠 首からは団体名を書き込んだ輪袈裟 金剛杖をついて 六泊七日のお遍路修行(歩く)をしました 

来年も次の年も元気でお参りが出来ます様にと お遍路宿に金剛杖を残して行きました 

一本一本に込められた願いは 現世利益を求めて歩いたのだろうか

心洗苑大師堂

1200本の金剛杖を小豆島霊場に見立て 来世への願望を表しているのだろうか
合掌して 心静かに読経をしていると妙に落ち着き心穏やかな気持ちになります。 

コメント



認証コード9146

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional