みどり明るいオリーブの島小豆島 お遍路さんと歩きませんか 自然のなかを

草花

草花

小豆島の春はお遍路さんの鈴の音と共にと言われます
昭和30年代はおきな団体が6泊7日をかけて朝早くからお遍路道を歩いて行きました 腰につけた鈴は良く響いて美しく聞こえていました

鈴をつける理由は定かではないが 山野を歩くので獣対策とかお遍路さん同士の連絡とか仏様にお知らせする鐘とか諸説あるそうです 

その春が芽生えてきました
suisenn
あぜ道や山際に水仙が咲きだした 山では椿が赤い花をつけだした 車での巡拝へんろが増えて鈴の音はあまり聞かれなくなりましたが 春はすぐ其処です 

椿咲く

だけどここ数日は寒い日が続いています

コメント



認証コード9751

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional